70-534日本語 認証試験 - 70-534日本語 参考資料

 

NO.1 HOTSPOT
請負業 者情 報ア プリ を設 計する 必要 があ りま す 。
何をお 勧め しま すか ? 答 えるに は、 回答 エリ アで 適切な オプ ショ ンを 選択 します 。
Answer:
/ They also plan to extend their on-premises Active Directory into Azure for mobile app authentication
/ VanArsdel mobile app must authenticate employees to the company's Active Directory.
Reference: Get Started with Offline Data Sync in Mobile Services
http://azure.microsoft.com/en-gb/documentation/articles/mobile-services-ios-get-started-offline-data/

NO.2 HOTSPOT
あなた は、 ビジ ネス 連続 性戦略 を計 画す る必 要が ありま す 。
各々の 必要 条件 の た めに 、あな たは 何を 推薦 しな ければ なり ませ んか ?答 えるた めに は、 解答 エリ ア に
個々の リス トか ら適 切な オプシ ョン を選 んで くだ さい 。
Answer:

NO.3 あ なた は 、Azure へ の新し い適 用を 展開 する 計画を 設計 して いま す 。 解決策 は 、 一 回の ログ オ ン経
験をユ ーザ ー
に提供 しな けれ ばな りま せ ん
あなた は、 認証 タイ プを 推薦す る必 要が あり ます 。
あなた は、 どの 認証 タイ プを推 薦す るべ きで すか ?
A. Windows 認証
B. Azure の管理 され たア ク セス? キー
C. MS-CHAP
D. SAML 証明 書ト ーク ン
Answer: D

70-534日本語 過去   70-534日本語 ガイド   
Explanation:
A Microsoft cloud service administrator who wants to provide their Azure Active Directory (AD) users with sign-on
validation can use a SAML 2.0 compliant SP-Lite profile based Identity Provider as their preferred Security Token
Service (STS) / identity provider. This is useful where the solution implementer already has a user directory and
password store on-premises that can be accessed using SAML 2.0. This existing user directory can be used for
sign-on to Office 365 and other Azure AD-secured resources.
Reference: Use a SAML 2.0 identity provider to implement single sign-on
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/azure/dn641269.aspx?f=255&MSPPError=2147217396

NO.4 あ なた は、 契約 者情 報アプ リの ため にデ ータ 記憶の 実行 を準 備す る必 要があ りま す 。
あなた は、 何を する べき ですか ?
A. クラウド サービ スとモ バイルサー ビスを作 成し ます。エン ティテ ィ グル ープトラン ザクショ ンを 実装
します 。
B. 展開 グル ープ およ びモ バイル サー ビス を作 成し ます。 複数 のデ ータ? パ ー ティシ ョン を実 装し ます 。
C. ストレ ージ アカ ウン ト を作成 し、 複数 のデ ータ? パーテ ィシ ョン を実 装し ます 。
D. クラウド サービス と展 開グループ を作成し ます 。エンティ ティグル ープ トランザク ションを 実装 しま
す 。
Answer: A

70-534日本語 短期   
Explanation:
*Scenario: / VanArsdel needs a solution to reduce the number of operations on the contractor information table.
Currently, data transfer rates are excessive, and queue length for read/write operations affects performance. / A
mobile service that is used to access contractor information must have automatically
scalable, structured storage
*The basic unit of deployment and scale in Azure is the Cloud Service.
Reference: Performing Entity Group Transactions
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/azure/dd894038.aspx

70-534日本語 認証試験の復習が大変ですから、我々はあなたのような受験者の負担を少なくするために、皆様に全面的な70-534日本語 認証試験を提供します。だから、我々の専門家たちは努力に過去のデータを整理して分析してから、数年以来の研究を通して、現在の質量高い70-534日本語 認証試験を開発しています。お客様は安心で試験を準備すればよろしいです。

多くのIT業界の友達によるとMicrosoft認証試験を準備することが多くの時間とエネルギーをかからなければなりません。もし訓練班とオンライン研修などのルートを通じないと試験に合格するのが比較的に難しい、一回に合格率非常に低いです。JapanCertはもっとも頼られるトレーニングツールで、Microsoft70-534日本語 認証試験の実践テストソフトウェアを提供したり、Microsoftの70-534日本語 認証試験の練習問題と解答もあって、最高で最新なMicrosoftの70-534日本語 認証試験も一年間に更新いたします。

70-534日本語試験番号:70-534日本語 テスト問題集
試験科目:「Architecting Microsoft Azure Solutions (70-534日本語版)」
最近更新時間:2017-03-05
問題と解答:106

>> 70-534日本語 テスト問題集

 

JapanCertは最新のC-TPLM30-67問題集と高品質のHPE2-N67問題と回答を提供します。JapanCertの9A0-409 VCEテストエンジンと400-251試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質のHPE2-W01 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。

記事のリンク:http://www.japancert.com/70-534J.html